心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ74

[演出:福田陽平・寺内康太郎/構成:佐上佳嗣・寺内康太郎・福田陽平・西貴人/ナレーション:中村義洋/2017年8月2日発売]

  • 「山道」★
  • 「積載車」★★
  • 「ドッキリ」★★
  • 「おくりもの 後編」★★
  • 「シリーズ監視カメラ 二階の和室」★★★
  • 「カメラ機能」★★
  • 「続・おくりもの 後編」★★★

おくりもの」(★★★)がこのパートで完結。3巻をとおしてロジカルに要素を積みあげているため、作品の完成度は高い。これまでの長編と同様、煮えきらない終わりかたをするが、すべてが丸くおさまるよりはリアリティーがあるだろう。ただ、ここまでロジカルに攻めてきたのなら、もう少し真相に踏みこんでも良かった気がする。もしかすると、続編を予定しているのかもしれない。

このパートは、全体的に“心霊現象”の仕上がりが綺麗でクォリティーは高い。しかし、やはり必ずしも恐怖を呼びおこしていないのが惜しいところだ。こちらの目が肥えてしまっているのも理由ではあるが……。

山道」(★)は、マウンテンバイクで山道を走行する様子を、ヘルメットに取りつれた小型カメラで撮影したもの。パート72「曲がり角」とシチュエーションが似ている。異形の動きはパート65「サバイバルゲーム」を思いおこさせる。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「山道」 – YouTube

映像としてはとても良くできていて、仕上がりが丁寧。しかし、それが必ずしも怖さへとつながっていない。投稿者が恐怖におののいているのだから、異形には実在感が欲しかった。

積載車」(★★)は、車に搭載されたカメラが運転手である投稿者の姿をとらえる。突然、奇怪な存在が現われるが、意表を突くタイミングで驚かされる。異形の造形も不気味だ(強いていえば、パート68「洗車機」に現われたモノに似ている)。

しかし、ビックリはするのだが、恐怖を覚えるところまではいかない。もっとそれらしい“兆し”を仕込んでおくべきだったと思う。あとから、“伏線”のようなものは語られるが、後出しでは怖くない。

ドッキリ」(★★)は、バラエティ番組のドッキリ企画で、心霊現象をしかけて出演者を驚かそうとすると、ホンモノの異界の存在が現われてしまう。これまでありそうでなかったシチュエーションは面白い。

映像に映るのは、パート2「自主映画に映った男の影」に出現したモノにも似ている。あちらでは実態が不明だったが、本作では異界のモノの実態が垣間見える(ご丁寧に映像を加工して、わかりやすくしてくれる)。

シリーズ監視カメラ 二階の和室」(★★★)は、とある民家にしかけられた監視カメラの映像がインターネットに流失したもの。不可思議な存在が現われるが、そのカタチと動きが独特だ。この〈霊〉とおぼしき存在のインパクトはそれほどでもないが、後日談にひねりが加えられ、あじわい深いものになっている。

カメラ機能」(★★)は、スマートフォンの「ライブカメラ」という機能を使って撮影された映像。写真を撮ると、その前後15秒間の動画が記録される。そこに奇妙なものが映りんでいた。

往年の心霊写真ブームの際に「危険」と言われたタイプの写真が撮影されてしまう。心霊写真ブームのオマージュと見ることもでき、懐かしい味わいだ。

じつは〈刹那〉でもあり、本来ならニセモノっぽさが漂うところだが、新しい機能で撮影されていることを考えれば、不自然さは感じない。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ91

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ90

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  2. ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード15選
  3. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP