心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ101

[演出:藤本裕貴/構成:藤本裕貴、田中翔/製作:張江肇、鈴木ワタル/プロデューサー:張江充、岩村修/演出補:男鹿悠太、木勢まりあ、齊藤凛太朗/演出協力:寺西涼/構成協力:関口さと子/音楽・音響効果:ボン/ナレーション:中村義洋/2023年4月7日発売]

  • 「謎の光」★★★
  • 「水没」★★
  • 「疫病神」★★
  • 「ジェノサイド 前編」★★★★
  • 「薄闇」★★
  • 「従姉妹」★★★
  • 「ジェノサイド 後編」

長編「ジェノサイド」(★★★★)は、なんとも不穏なタイトルだ。タイトルの意味は終盤にあきらかになるが、恐怖とはまた異なる感情を催す点を評価したい。話の展開も観る者の興味を失わせず、語り口もなかなか巧妙だ。良作といえるだろう。

謎の光」(★★★)は、じつに興味深い現象。ありえない出来事にも思える一方で、いつかどこかで自分の身にも降りかかるかもしれない。そんな現実味が感じられる。

水没」(★★)で起こる怪異は大きく分けて2つ。1つめはちょっとわかりにくく、一見すると特別な現象ではないようにも思える。2つめは、あきらかに異様な出来事だとすぐわかる。両者は連動しているようにも思われるが、ほんとうにそうなのか。ナレーションでも語られるが、鵜呑みにするのも抵抗を感じる。

疫病神」(★★)は、「もしかしたらこういうこともありえるかもしれない」と思わせる映像ではある。ただ、ナレーションやタイトルで「疫病神」と説明しているが、(スタッフの想像であることは承知しつつも)適切なものなのか、と違和感をおぼえてしまう点がマイナスかもしれない。

薄闇」(★★)は、「いかにも」「さもありなん」というタイミングで異形が出現しないので、最初は見逃してしまった。だからこそ“ホンモノ”と解釈できそうだが、見た目は平凡なようにも思う。

従姉妹」(★★★)は、不気味な現象であることはたしかで、興味深い。ただ、タイミングやアングルが都合がよすぎる感じもする。このような現象が起こったとしても、カメラにおさまる確率はほぼゼロではなかろうか。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしました

  2. 劇場版 ほんとにあった!呪いのビデオ100

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ101

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ99

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ 特恐編

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  2. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  3. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  4. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  5. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP