心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ6

[構成:中村義洋・鈴木謙一/ナレーション:中村義洋/2000年10月22日発売]

  • 「続・ニュース映像の怪」★
  • 「再生出来ないビデオテープ」★
  • 「廃病院」★★★★
  • 「花火」★
  • 「ビデオレター」★
  • 「除霊」★
  • 「オーディションビデオ」★★
  • 「レインコート」★
  • 「パート3より」★

パート6で注目したいのは「廃病院」(★★★★)で、初めて観たときは戦慄した作品である。もちろん、「最恐映像42選」にも加えている。対照的に、ほかの作品が奮わないのが残念。

続・ニュース映像の怪」(★)は、『Special』に収録されている「ニュース映像の怪」の後日談。

再生出来ないビデオテープ」(★)は、交通事故を起こした車から発見されたビデオ。ほんとうに再生ができなければ商品化はできないわけだから、まあおどしだ。

事故の瞬間を映したもの、という趣向は面白い。ただ、死亡者が出るような大事故には見えないのだが。

花火」(★)は、ビルの屋上から花火大会の様子を映したもの。「不可解な人影」というが、そのようには見えない。なぜそう認識したのか、そちらのほうが気になる。

ビデオレター」(★)は、両親に見せるために子どもを撮った映像。猫の霊とおぼしきモノが現われる。猫は必ず天国に行くので、霊にはならないとする考えかたがある。猫はこの世に未練を残したり、だれかを恨んだりして死ぬわけではないからだ。

本作の〈猫〉には〈異形像微動〉の問題があり、どうにも作りものっぽい。

除霊」(★)は、霊媒師の中田氏が除霊を行なう様子を撮影したもの。中田氏は、なかなか面白いキャラクターである。見かたによっては、コミック・リリーフ的な役割を担っている。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「除霊」 – YouTube

本作では数多くの“心霊現象”が起こるが、それはつまり除霊ができていない、もしくは中田氏が霊を呼びよせているということなのでは?

オーディションビデオ」(★★)は、オーディションに応募するためにカラオケボックスで撮影された映像。撮影中に異様な気配を感じとっているのがよい。ただ、異界のモノがフレームを意識して出現する(出現域制御)のは解せない。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「オーディションビデオ」 – YouTube

レインコート」(★)は、盆踊り会場で怪異に遭遇する。現われる〈霊〉は黄色のレインコートを着ているとおぼしいが、やけに鮮やかな色合いである。黄色い霊というのは珍しいかもしれない。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「レインコート」

パート3より」(★)は、パート3「いるはずのない男の声」の続き。設定は凝っているが、映像そのものは怖くない。とはいえ、本作に限った話ではないが、人が亡くなるのはただごとではない。あの世のモノにそこまでの力があるというのか。

本作は、カメラを振りすぎる、カメラワークが不自然である点が気になる。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしました

  2. 劇場版 ほんとにあった!呪いのビデオ100

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ101

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ99

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ 特恐編

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  5. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP