心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ76

[演出:川居尚美・福田陽平/構成:福田陽平・西貴人・川居尚美・今野恭成・沖田光/ナレーション:中村義洋/2018年4月4日発売]

  • 「インディアン水車」★★
  • 「孤独死」★★
  • 「雪道」★★
  • 「誰がために 前編」★★★★
  • 「シリーズ監視カメラ 彷徨う」★★
  • 「温泉旅行」★★
  • 「料理」★★
  • 「誰がために 後編」★★★★

パート76に収録された作品は、初見では怪異を見つけられないものが多い。ただ、本パートのメインとなる『誰がために』(★★★★)では、意図的に「初見ではわからない」映像を見せ(わかる人もいるかもしれないが)、のちの検証で怪異を明らかにしていく。そんな変則的な展開になっている。ともすれば「これってほんとに心霊現象?」と疑問にも思ってしまうのだが、取材で怪異の背景が補完されるので、妙に説得力があるのだ。

途中、既視感のある展開となるが(『Special』に収録の「続・タイムカプセル」)、最終的にはなかなか珍しいテーマへとつながっていく。全体的に恐怖度はそれほど高くはないものの、観終わったあとの“読後感”は良い意味で後味の悪いエピソードになっている。

また、川居さんが演出へ昇格している点にも注目したい。

インディアン水車」(★★)は、サケを捕獲する特殊な装置を見学しているときに撮られた映像。「たぶんこのあたりに出てくるのでは?」と思いながら観ていたが、なぜか見逃してしまった。リプレイ映像を見ると、異形はけっこう不気味なカタチをしている。

孤独死」(★★)は、部屋で飲み会を開いているときに撮影されたもの。現われるモノに実在感があって良いが、だとすると幽霊の類いではなく、実際に人がいたとも考えられる。も理屈めいているのがマイナスだ。

雪道」(★★)は、職場の同僚を車で送っていったときに撮った映像。やはり異形の造形にはこだわりを感じられるが、初見では見つけられなかった。「なぜそんな場所に?」という疑問も残る。

シリーズ監視カメラ 彷徨う」(★★)は、劇団の稽古風景をとらえたもの。芝居の演出に合わせるように異界のモノが出現するのは不自然だ。〈刹那像〉の問題もある。

温泉旅行」(★★)は、恋人同士で海辺の旅館に泊まったときに起こった怪異。あの世のモノとおぼしき存在が、けっこう予想外の出現のしかたをする。本題とははずれるが、映像でふたりがケンカしている様子がとらえられているが、その理由がわからないのは気になった。

料理」(★★)は、料理の手順をウェブカメラで撮影したもの。なにか異変が起こったことは初見でもつかめるが、なにが現われたのかはリプレイとナレーションではじめてわかる。やはりが理屈めいているのが興をそいでしまう。出現したモノは、ホラーゲーム好きなら『サイレントヒル4 ザ・ルーム』を思いうかべるかもしれない。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ95

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ91

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  2. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP