心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像33 呪われた地下アイドル

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2018年3月2日リリース]

  • 「音鳴り」◆◆◆◆
  • 「曰く付き」◆◆◆◆
  • 「メリーさん」◆◆◆◆
  • 「呪われた地下アイドル」◆◆◆

『33』は、最近の“エンタメ路線”とはうって変わり、真面目に心霊現象を見せていく手堅いつくりになっている。シリーズの原点回帰といった趣だ。いずれの作品も構成が緻密に練りあげられ、長尺の映像でも飽きがこない。完成度の高い作品がそろっているといえる。

ただ、贅沢な悩みであることを承知したうえで、シリーズのファンとしてあえて文句をつけるなら、優等生すぎる嫌いがないでもない。100点満点をめざしながら結果的に80点の及第点を取ったという感じ。ほかの心霊・投稿ビデオシリーズならそれでもよいのだが、200点を得ようと実験的・意欲的な表現にもチャレンジし、結果70点の出来映えになっていた、というのが本シリーズの持ち味だったはず。だから、観る側はやや困惑してしまうのだ。

音鳴り」は、〈霊〉とおぼしき存在にしっかりと実在感があるのがいい。これによって臨場感が高まっている。最後は、投稿者が部屋にもどったとき、〈女〉が〈行為〉を手伝っている、といった展開でもよかったかも。

曰く付き」は、登場する女性のふるまいがとなって、絶妙に恐怖をあおっていく。ただ、異形はそこそこ不気味だが、その造形には既視感がある。手や足も曲がっていたほうがオリジナリティーが出そうだし、より怖かったのでは?

メリーさん」は、「メリーさん」という有名な怪談が絶妙にアレンジされ、緊迫感あふれる一編に仕上がっている。ただ、卒なくまとまってしまっている観もある。ラストは〈それ〉がいつの間にか運転席におり、車が走りだしてしまう、などといったナンセンスさがあっても面白かっただろう。

呪われた地下アイドル」は、偶然にとらえてしまったショッキングな事件の一部始終で、ほかの3編とは毛色が異なる。ややネタバレだが、心霊現象ではない。やはりシリーズ初期にあったようなテイストで楽しめるが、登場人物のいずれかがじつは“この世のモノ”ではなかった、といったオチもアリだったかと思う。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP