心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像55 かみよもじ

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2021年8月4日リリース]

  • 「はんぶん」★★
  • 「イマジナリーフレンド」★★★
  • 「手相」★★★
  • 「かみよもじ」★★★

本シリーズはパート50あたりから「恐怖」路線へと原点回帰していて、この『55』でもそれは継続。“悪ふざけ”は「封印」し、真摯に「恐怖」に向き合っている。その創作姿勢は歓迎したい。

ただ、全体的にもう少しだけ踏み込んでほしかった、という想いもある。観る側のハードルが上がっているのが理由で、作品の出来栄えが悪いわけではないのだが……。長期シリーズの宿命といえよう。

はんぶん」(★★)は、カップルを盗撮するため近所の森を訪れると、奇妙な存在と遭遇する。異形の造形や出現のしかたなどはそれなりに恐怖を与えてくれる。ただ、ほかのホラー作品でもお目にかかったようなシロモノで、既視感も否めない。恐怖は2段構えになっているが、本シリーズにしては控えめ。もう少し派手にやってもよかったように思う。

イマジナリーフレンド」(★★★)は、息子が遊ぶ様子を父親が撮影した映像に不気味な存在が映り込む。「イマジナリーフレンド」(子どもが空想する架空の遊び相手)は、いかにもホラーに適した題材。これをどう“料理”してくれるのかが見どころとなる。結果は、本シリーズらしい仕上がりといえるが、もっといろいろな怪現象のバリエーションが記録されてもよかったかもしれない。

手相」(★★★)は、投稿者と弟、彼の恋人の3人で占い師のもとを訪れたところから怪異が始まる。占い師のいかがわしい雰囲気がよい。投稿者たちが危害を加えられるので、恐怖度が高い。やや説明的な点が見受けられるのはマイナスだが、一方で腑に落ちない部分もあり、そこに薄ら寒い雰囲気が漂っている。

かみよもじ」(★★★)は、学生たちが歴史調査のために訪れた山で、恐怖の体験をする。じつに意外なところからモチーフを持ってきたな、という印象。最近のシリーズに見られる「モノノケ図鑑」の趣ともいえる。あまり詳細はわからず、そこに“不気味さ”を感じるか“消化不良”を読み取るか微妙なところ。撮影者たちの“被害”も過剰な気もするが、そこが本シリーズの持ち味という考え方もあろう。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  2. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP