心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 呪われた心霊動画 XXX

死画像

[プロデューサー:小田泰之/構成・編集:『死画像』蒐集調査班/制作スタッフ:しまだかをり・増本裕輔/音楽・音響効果:ボン/編集・MAスタジオ:スタジオミック/製作:アムモ98/2015年12月4日リリース]

〈呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)〉シリーズは、心霊ビデオ愛好家に対する“挑戦状”。本サイトはそうとらえた。

恐怖のみを徹底的に追究し、観る者を怖がらせることだけを志向する。今日まで脈々とつづく心霊ビデオの系譜に連なりながらも、独自の恐怖表現を本シリーズは模索している。

本サイトはその創作姿勢を高く評価するとともに、制作陣から叩きつけられた挑戦を受け立つ。

まずは、前哨戦となるこの『死画像』から観ていこう。

錯死霊

これまで数々の異形が映像におさめられてきた。得体のしれないモノだけに、どういうカタチをし、どんな挙動を見せるのか、決まったパターンはない。

本作では、「もしも幽霊がこの世に存在し、カメラに記録することができるとしたら、こんな特徴を持っている」と、ひとつの答えを提示している。

永年、さまざまな怪奇映像を目にしてきた者として「なるほど、どうりで……」と妙に合点がいく。

とはいえ、合点がいくことで安心感を覚えるのではなく、新たな恐怖が生まれるのだが……。

死の報告者

心霊ビデオに記録される現象は、往々にして脆弱なものだ。光の加減とか見間違い、思い込み、こじつけの類いも多い。

しかし、まちがいなく怪現象は起こった。そう断言できるほど異形に存在感があればどうだろう? 撮影者のほかにその姿を目にしたり、声を聞いたりした人がいれば、怪現象の存在を否定することは難しい。

本作の投稿者が撮影したのは、厳然たる事実。相手は必ずしも「心霊」ではないかもしれないが、尋常ならざるモノであることは認めざるをえない。

霊感テスト

「霊感テスト」。このタイトルだけで恐怖心を催すのには十分だ。

本作の核心となる現象は、じつは有名な怪談の語り手が披露しているのを聞いたことがある。細部は異なっているが、既視感があったのは否めない。

ところが、本作はその怪談を映像化したものと考えると、とてつもない恐怖が押し寄せる。件の怪談を聞いていたときは、頭のなかで“映像”を想像していたわけだが、本作はその想像を超えるものであった。

本作の映像についてはっきりしているのはタイトルのみ。そのほかの詳細は一切不明。いわば大きな“穴”が空いている。観る者のココロはその“穴”に引きずり込まれてしまう。

歌声

心霊ビデオに映り込む現象は脆弱だと述べた。「死の報告者」では、複数人が異形とおぼしき存在を視覚や聴覚で認識することで、その現象が確固たる事実であることを示した。

本作では、複数のカメラが異形をとらえることで、その存在を証明する……いや、厳密にはとらえられていない。つじつまが合わない。不合理。

そこに恐怖が生まれている。

貫通

心霊ビデオでは、怪現象は人知れず始まっており、カメラがそこに向けられるか、撮影者が気づくことによって見出される。

本作では、恐るべき異形が姿を現わすが、注目すべきはそこではない。

日常と非日常の境目。怪現象の起こる瞬間が本作では記録されているのだ。その瞬間、だれも怪現象とは思わない。「あれ?」とちょっとした違和感が生じる。あとから振り返って、それが「始まり」だったと気づくのだ。

そんな怪現象の真実を本作では知ることができる。

クニコ

〈死〉とは、だれにとっても忌むべきもの。だが、われわれは毎日のように〈死〉に接している。

たとえば、テレビや新聞のニュース。事件や事故によって人が死んでいる。ときには死者に憐れみの念を抱いたりはするけれど、多くの場合、しょせんは他人事。すぐに意識や行動は日常へ戻っていく。

そんな他人事であるはずの、ニュースのなかの〈死〉が、われわれの日常に染み出してきたらどうなるか? ……いま仮に「日常に染み出して」と表現したが、それはいったいどういうことなのかはわからない。

本作の映像は、その一端を示しているのだろうが、全貌はもちろん不明。本作が見せる現象は氷山の一角にすぎず、その背後にはとてつもなく深い闇が広がっているのかもしれない。

そう思うと、震えが止まらない。

呪われた心霊動画 XXXの最近記事

  1. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)11

  2. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)10

  3. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)9

  4. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)8

  5. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)7

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード15選
  2. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……
  3. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP