心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像53 三つ編みの女

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2021年6月2日リリース]

  • 「ピーグラスー」★★★
  • 「くますず」★★★
  • 「かあさんのふりをしたなにか」★★★★★
  • 「三つ編みの女」★★★★

『封印映像』シリーズは、パート『27』あたりから「怖さ」より「面白さ」を優先してきていた。しかし、節目となる『50』を超え、再び「恐怖」路線に回帰しているように思う。

本パートに収録された「かあさんのふりをしたなにか」は、それを象徴するエピソードといえる。

また、これまでコミックリリーフの役目を負っていた玉置氏を始めとする若手スタッフも、“悪ふざけ”することなく、真摯に怪異に向き合っている。これも注目ポイントだ。

レビューする側も、初心に返り「恐怖」を作品の判断基準にすることにし、評価の度合いを示す記号を「◆」から「★」に戻したいと思う。

ピーグラスー」(★★★)は、友人とキャンプを楽しむ様子を撮影していると、奇妙なモノが現われる。一般にはなじみのない、目新しいバケモノや妖怪を紹介する「モノノケ図鑑」といった趣のエピソード。造形がなかなか不気味なのもさることながら、撮影者に容赦なく危害が加えられるのも恐怖度を高めている。

くますず」(★★★)は、学校の課題として山道で虫や植物を撮影していると、不気味な男と遭遇する。これも「モノノケ図鑑」といえるエピソード。「ピーグラスー」とは異なり、相手に実体感があり、撮影者との距離も近い。かりにバケモノの類いでなかったとしても、実際に同じような目に遭ったらとてつもない恐怖を覚える。そんな想像ができてしまう。

かあさんのふりをしたなにか」(★★★★★)は、友人の家で勉強する様子を撮影していると、信じがたい光景を目の当たりにする。ここ数年の作品のなかでは出色の出来栄えだ。

タイトルから、「『かあさんのふりをしたなにか』が出てくるのだろう」と簡単に想像できる。つまり、タイトルでネタバレしているわけだ。単に制作陣が迂闊なのか、それともネタバレしても怖がらせる自信があるのか……。結果は、後者だった。

怪談や都市伝説では、よくある話かもしれない。「モノノケ図鑑」として、予想を超える異形が出てくるわけでもない。

ところが、日常の一部を切り取った映像にちょっと怪異が映り込むだけで、とてつもない説得力と存在感が生まれる。

映像もそれなりに怖いのだが、むしろ映像の“向こう側”を想像せずにはいられない。つまり、この投稿映像が撮影される前も、そしてその後も、「かあさんのふりをしたなにか」は友人の家に居座り続けているのだ。その事実に震えてしまう。

おすすめエピソード」の〈松〉レベルにランクインさせてもいいかもしれない。

三つ編みの女」(★★★★)は、カップルでボートに乗る様子を撮影していると、奇妙な出来事に遭遇する。本エピソードも、異形の造形や現われ方は平凡だ。しかし、ちょっとひねりを加えることで、独特の不気味さを醸し出している。いたずらに深追いせず、余韻のある終わらせ方をしているのもよい。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  4. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP