心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像37 廃工場に蠢く

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2018年8月3日リリース]

  • 「脱皮」◆◆◆◆
  • 「廃工場に蠢く」◆◆
  • 「宝物箱」◆◆◆
  • 「呪界の記録」◆◆◆

パート37は、全体的になんとも物足りない感じを覚える。ただそれは、パート36の出来栄えがあまりに良すぎたせいであって、けっして『37』のクォリティが低いわけではない。とはいうものの、あと一歩踏み込んでもらいたかったという想いもあり、シリーズのファンとしては複雑な心境だ。

そんな『37』のなかでは、「脱皮」がもっとも出来がよい。中学校の同窓会の帰りに撮影者たちが恐怖に遭遇する。本シリーズらしい思い切った表現が成果を挙げている。ポイントは、「なぜそうなるか」がよくわからない点にある。怪異をもたらす相手も幽霊なのか、それともモノノの類いなのか……。その煮えきらない感じが作品に不気味なテイストを与えている。

廃工場に蠢く」は、映像制作会社が廃工場をロケハンした際に撮った映像。「表題作は奮わない」という本シリーズのジンクスどおり、いささか不満の残る仕上がり。「廃工場」という魅力的なホラー空間を舞台にしながら、そこで起こる怪現象がその「空間」に負けている。「うごめく」というおどろおどろしいタイトルもいたずらにハードルを上げている気がする。

「過去にこういう事件があったから、このような現象が起こったのだろう」などと、論理的に説明がつけられてしまうと、物語として腑に落ちても、恐怖はがれてしまう。せっかく田中さんが出張ってきた案件なのにもったいない。

宝物箱」は、同級生の隠した宝物箱を探す様子をスマホでとらえる。「いったいなにが出てくるのか」と、期待と不安をあおる展開が良い。そこで起こる現象の意味はわからないが、だからこそ、そこはかとない気味の悪さが漂う。情報の出し方が的確で、観る者に想像する余地を残しているのも評価できる。

呪界の記録」は、肝試しの様子を映したとおぼしき映像。雨が降りしきる深夜の林のなかで、若者たちが儀式めいたことを行なっている。全編に剣呑な雰囲気が漂っているのが見どころだ。怪異の背景も、なかなか珍しい題材をモチーフにしている。もう少し現象が起これば良かったのだが……。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  2. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  3. ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード15選
  4. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP