心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像29 池のほとりの蓮美さん

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2017年6月2日リリース]

  • 「クレーム処理」◆◆
  • 「竹やぶ」◆◆
  • 「恋人たちの晩餐」◆◆◆
  • 「池のほとりの蓮美さん」◆◆

前作(『28』)はやや不満の残る仕上がりだったが、この『29』は、『封印映像』シリーズとしては及第点に達していると思う。

クレーム処理」は興味深い現象。ただ、恐怖度はそれほどでもない。それらしい異形のモノが出てきてもよかったと思うのだが。

とはいえ、この作品はコース料理でいえば“オードブル”みたいなものだから、これくらいの匙加減でよいのかもしれない。

竹やぶ」は「心霊スポットに遊びにいって霊が現れる」という何億万回と繰り返されたシチュエーション。それだけに、安定感・安心感がある。

映像の仕上がりは丁寧で好感は持てるものの、この「安定感・安心感」が恐怖を削いでしまっているのが残念なところ。

結末が「えげつない」のだが、この部分が映像化されていないのもよくない。過去作には「えげつない」部分もちゃんと映していたわけだし。

恋人たちの晩餐」は、『29』の“メインディッシュ”といったところ。ストーリーがよく練られており、オー・ヘンリーや星新一の短篇を読んでいるような“読後感”がある(……たとえとしてすごい名前を挙げすぎたか)。

画期的なアイディアというわけではないが、このような心霊ビデオ・投稿映像のフォーマットに落とし込まれると新鮮さを感じる。

しっかり「えげつない」映像があるのも評価ポイントだ。

また、プライバシー保護のモザイクを逆手にとった、さりげない演出にも注目したい。

池のほとりの蓮美さん」は表題作で、もうひとつの“メインディッシュ”。なかなかおもしろい造形の異形が登場し、『封印映像』シリーズの面目躍如といった仕上がり。

怖がればいいのか、笑えばいいのか、戸惑いを覚えるが、「戸惑い」こそが『封印映像』の持ち味でもある。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP