心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像50 暗黒の走者 後編

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2020年12月2日リリース]

  • 「心霊スポット案内人3」◆◆
  • 「心霊スポット案内人4」◆◆
  • 「自殺の名所」◆◆◆
  • 「暗黒の走者 後編」◆◆◆◆

『50』は、これまで本シリーズが培ってきたあらゆる要素が詰めこまれている印象だ。ボリュームはたっぷりで“満腹感”を覚える。過去作のよい部分だけでなく悪い部分も再現されているため、手放しで評価するわけにもいかないものの、“読後感”はけっして悪くない。

心霊スポット案内人3/4」(◆◆)は、トンネルでの怪異や過去作に登場した「案内人」にまつわるエピソード。玉置氏をはじめとする若手スタッフが活躍する——という時点で、観る側として怖がろうとするのは誤った鑑賞態度となる。いかに「おもしろがるか」が肝要だ。

先の展開がまったく読めないのは、娯楽作品としてセオリーどおりのつくりといえる。奇怪な現象も「これでもか」といわんばかりに怒濤の展開を見せ、“お得感”もある。

惜しいのは、落としどころが意外に凡庸な点。もう少し本シリーズらしく遊んでもよかったように思う。

自殺の名所」(◆◆◆)は、大学の映画研究会の部室に保管されていたミニDVテープに奇怪な現象が記録。スタッフが謎の解明を試みる。

こちらも若手スタッフによる案件。襟を正して臨むエピソードではない——と思ったのだが、意外にテープの映像はシリアスなつくりになっている。結局は煮えきらない幕切れとなるが、それがかえって不気味さを醸し出している。

暗黒の走者 後編」(◆◆◆◆)は表題作であり、本シリーズとしては珍しい続きモノ。『50』のメインディッシュといえる。

なかなかスケールの大きな話へと広がっていき、スタッフたちが危険な状況に追いこまれる。最近の本シリーズにはなかった異例の緊迫感が漂う。パート「50」という節目にふさわしい、まさに集大成となる作品。現象そのものは目新しいものではないが、それでも観る者を満足させてくれる。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  4. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…
  5. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP