心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像35 心霊パパラッチ

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2018年6月2日リリース]

  • 「心霊パパラッチ」◆◆◆◆
  • 「泥の人」◆◆
  • 「帰れなかった霊体」◆◆
  • 「ボウボウ」◆◆◆

「表題作が奮わない」という本シリーズのジンクスを破り、「心霊パパラッチ」がこのパートでもっとも出来が良い。一発目に持ってきていることから、制作者の自信のほどがうかがえる。

心霊スポットで心霊映像を撮影する。何億回とくりかえされてきた題材だが、けっして白けさせることなく、手堅くまとめあげている。本シリーズらしいスパイスを効かせているのも憎い。

ただ、この安定したつくりが安心感につながってしまい、恐怖感がやや和らいでしまっているのが惜しい。長くつづくシリーズの宿命ではあるが……。

泥の人」は、ユニークな異形が登場。観る者を楽しませようする制作陣の創作意欲は買いたい。つくりが粗いのは意図どおりだろうが、〈恐怖〉か〈笑い〉か、いずれか一方に振りきれていれば、もう少し満足度も高まったのだが。

帰れなかった霊体」も、廃墟を探索する話で定番のパターン。さまざまな怪異が起こるが、「下手な鉄砲……」の観もある。が理屈めいているのも、恐怖度が下がる原因になっている。

ボウボウ」にも、多種多様な現象が詰めこまれている。やはり恐怖度は高くないが、久しぶりにスタッフ・田中さんがインタビュー以外で現場に出張っている。さらに、異界のモノの働きかけで田中さんが被害を受ける。そこも見どころになる。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP