心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ7

[構成:中村義洋・鈴木謙一/ナレーション:中村義洋/2001年3月23日発売]

  • 「死者から返却されたビデオ」★★
  • 「火事」★
  • 「浴室に浮かぶ髪」★★
  • 「留守電に残された声」★★
  • 「初日の出」★
  • 「魚釣り」★
  • 「現像された8ミリフィルム」★★
  • 「浴室から覗く顔」★
  • 「誕生日」★★
  • 「動物霊」★★★

パート7は、パート5~6に比べて全体的な質は少し上がっているものの、やはりシリーズの低迷期と言わざるをえないだろう。

死者から返却されたビデオ」(★★)は、レンタルビデオ店に返却されたテープに重ね撮りされた映像。設定が面白い。映像は一見すると怖くないのだが、意味を考えると少しゾッとする。

火事」(★)は、火災現場を撮った映像。現われたモノがほんとうに投稿者の言うような存在だとして、なぜこのように映りこむのかが解せない。

浴室に浮かぶ髪」(★★)は、親子がお風呂に入っている様子をとらえたもの。投稿映像を観る前に投稿者の証言を聞くことになるが、これがうまく恐怖を煽っている。カメラワークがやや不自然なのは気になるところだが。

留守電に残された声」(★★)は、留守番電話に奇妙な声が入っている。起こっている事象の意味がわからないだけに、そこはかとなく不気味さが漂う。

初日の出」(★)は、初日の出を撮った映像に異変が生じる。何度リプレイされても、その「異変」が見つけられなかった。静止画になったところでようやくわかるのだが、故意に入れたものではないかと疑ってしまう。

魚釣り」(★)は、川へ釣りにいった際に撮られたもの。面白い映像といえるが、実際は「そう見える」だけで、合理的な説明がつけられるのかもしれない。

現像された8ミリフィルム」(★★)は、現像せずお祓いに出されたという8ミリフィルム。映像そのものは恐怖心を呼びおこすものではないが、エピソードとしては薄ら寒いものを感じる。

浴室から覗く顔」(★)は、投稿者が友人たちと悪ふざけをしている映像に奇異なモノが映る。実際はなにかが反射しているだけのように見える。スタッフがその場所を訪れているのだから、検証してもよかったのでは? 投稿者たちが映像で悪ふざけをしていることを考えると、もしかしたら投稿者が仕組んだのかもしれない。

誕生日」(★★)は、娘の誕生会の様子をとらえたもの。珍しい現象である。このように異界のモノが姿を現わすことがある。そんな貴重な資料といえるかも。

動物霊」(★★★)は、大学のオカルト研究会に封印されていたビデオ。「こっくりさん」を行なう様子が記録されている。本作は問題の映像を流すまでの前置きが秀逸。展開や設定がいろいろと手が込んでいる力作だ。観る側は襟を正して臨むことになる。

ただ、映像そのものは、覚悟を決めるほどではない(あまり突飛なことができないシリーズ初期の限界ともいえる)。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ95

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ91

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  4. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP