心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ98

[構成:藤本裕貴、田中翔/演出:藤本裕貴/製作:張江肇、鈴木ワタル/プロデューサー:張江充、岩村修/演出補:男鹿悠太、久木香里奈/演出協力:菊池宣秀/構成協力:新津徳也/音楽・音響効果:ボン/ナレーション:中村義洋/2022年8月6日発売]

  • 「案山子」★★★★
  • 「詰問」★★
  • 「再会」★★
  • 「終・ナガレモノ 前編」★★★★
  • 「掃除機の中」★★
  • 「パーキングエリア」★★★
  • 「塔」★
  • 「ミステリーボックス」★★★★
  • 「終・ナガレモノ 後編」★★★★

夏の三部作「終・ナガレモノ」(★★★★)が完結。なかなか無難にまとめあげたという印象。煮え切らない部分を残して終わるのも悪くない。「無難」をプラスに評価するか、それそも「マンネリだ」とマイナスに考えるか。当サイトは好意的にとらえたい。

案山子」(★★★★)は、撮影場所がとにかく不気味。それだけで“恐怖映像”として成立している。本作の核心部分は合理的な説明のつかない現象で、たしかに怖いのだが、シチュエーションの異様さが先に立ち、かえって嘘くさくなっているようにも思う。そのあたりのバランスが微妙なところだ。

詰問」(★★)は、異形の造形が不気味——というより不気味すぎる。「そんな見た目のモノがそんなところに現われるわけないだろう」と疑問がわいてしまう。出現場所が不自然に空いているのも気になる。

再会」(★★)は、撮影されたのが数十年前で、怪異もどこか懐かしい雰囲気を漂わせる。〈出現域制御〉の問題を感じさせるところはマイナスか。

掃除機の中」(★★)のタイトルどおり、「なぜそんなところに!?」と大きな疑問を抱いてしまう一作。過去に見たことのない現象であることはまちがいない。理由がわからないから不気味さを感じとるか、それそも「そんなわけない」と笑い飛ばすか。観る者が感情の持って行き場を失うような映像だ。

パーキングエリア」(★★★)の異形の現われかたは平凡だが、あきらかに投稿者の家族に“狙い”を定めている点に怖さを感じる。怪異の背景も語られるが、なにもわからないほうがより恐怖度は増しただろう。

」(★)は、たしかに映るべきでないモノがとらえられているのだが、ナレーションの説明はムリがあるように思う。もちろん、真相は永久にわからないわけだが、珍しい場所で珍しい映像が撮れた、という点には価値がありそうだ。

ミステリーボックス」(★★★★)は、呪具が入っているとおぼしい箱にまつわる映像。“なにか”が映りこむのはいわば必然。現われたモノはなかなか意表を突かれる。恐怖映像としてクォリティは高いといえよう。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしました

  2. 劇場版 ほんとにあった!呪いのビデオ100

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ101

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ99

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ 特恐編

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  5. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP