心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ39

[演出:児玉和土/構成:児玉和土・猪原健太/ナレーション:中村義洋/2010年8月6日発売]

  • 「廃 アパート探検」★
  • 「放火」★★★
  • 「仏像」★
  • 「赤子」★★
  • 「狂死のビデオテープ 蛮行」★★
  • 「残された動画」★★★
  • 「シリーズ監視カメラ 留守番モニター」★
  • 「狂死のビデオテープ 続・蛮行」★★★★★

3巻にわたり展開してきた「狂死のビデオテープ」(★★★★★)が完結。「続」で登場する心霊映像はなかなかの恐怖度で「最恐映像42選」にもラインナップしている。

廃 アパート探検」(★)は、だれも住んでいないアパートを深夜に探検している映像。ここで亡くなったとおぼしき人物の姿が映りこむが、かなり不自然。平べったい(平面像密着)のも気になる。

放火」(★★★)は、アパートの部屋をケータイのカメラで撮影していると、不可解なモノが映る。オーソドックスではあるが、それだけに良い現われかたともいえる。

 【呪いのビデオ】放火 – YouTube

仏像」(★)は、有名な仏像を撮影していると、不可思議な現象が起こる。フラッシュに照らされた一瞬だけ、異形が映る(刹那像)のはいかにも不自然である。

赤子」(★★)は、生まれたばかりの赤ん坊を撮影したもの。不気味な現象が起こるが、これがなにを意味するのか不明である。この赤ん坊が投稿者自身であることを考えると、不吉なことの前触れというわけでもなさそうだ。

残された動画」(★★★)は、投稿者のケータイに撮影した覚えのない映像が残っていたというもの。その事実も異様だが、映像もなかなか不気味なシロモノだ。

シリーズ監視カメラ 留守番モニター」(★)は、一人暮らしの父親の様子を記録したウェブカメラの映像。異界のモノがどこに出現しているかわからなかった。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ95

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ91

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP