心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ40

[演出:児玉和土/構成:児玉和土/ナレーション:中村義洋/2010年12月3日発売]

  • 「社員旅行」★★
  • 「硫化水素」★
  • 「うつりこむ眼」★
  • 「自然発火」★
  • 「夏の川原」★
  • 「ハウススタジオ」★★
  • 「シリーズ監視カメラ レンタルオフィス」★
  • 「夜の池」★
  • 「続・自然発火」★★

パート40は、2編に分かれた「自然発火」(★★)がメインといったところか。単純な心霊現象とも異なる珍しい展開で悪くない。ただ、投稿映像はいろいろ粗い部分があり、やや興がそがれる。

社員旅行」(★★)は、社員旅行の様子を映した映像。窓の外に不気味な存在が立っている。原点回帰のような姿の〈霊〉。実在感があり良い仕上がりといえる。撮影しているときには気づかなかったのだろうか?

硫化水素」(★)は、引っ越したばかりの友人の家をケータイで撮ったもの。現われるモノがわかりづらい。見間違いかと思ったが、リプレイで見ると確かに〈霊〉のようにも見えるが。

うつりこむ眼」(★)は、祭の様子を撮影していると、不可解な現象が起こる。〈それ〉は、きわめてピンポイントなところに出現する。これを発見したのもすごい。

夏の川原」(★)は、真夏の夜に河原で遊んでいる様子をとらえたもの。不可解なモノが映るが、若者がふざけ合っているシチュエーションを考えると、いたずらの可能性もありそうだ。なお現われるモノは静止画。

ハウススタジオ」(★★)は、大学の映画サークルが撮影した映像。奇妙な人影が映るが、雰囲気のある良い出現のしかた。ただ、この映画の出演者の可能性はないのだろうか。

シリーズ監視カメラ レンタルオフィス」(★)は、レンタルオフィスに設置された監視カメラに、異様なモノが映りこむ。異形はフィルムのネガのようで、見た目が新しい。出現するタイミングがピンポイントすぎるのはやや不自然。

夜の池」(★)は、夜の公園の池で撮影されたもの。あるトラブルが起こるが、それに紛れて不気味なモノが映りこむ。〈それ〉の動きが人工的すぎるように思うし、もう少しはっきり現われても良さそうなのだが……。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ91

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ90

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード15選
  4. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP