心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ55

[演出:岩澤宏樹/構成:岩澤宏樹・菊池宣秀/ナレーション:中村義洋/2013年12月6日DVD発売]

  • 「銅像」★★★★
  • 「ロールシャッハ」★★
  • 「監視カメラ 窓の外」★
  • 「悪戯電話」★★★
  • 「タイムラプス」★★★★
  • 「誰がいなくなった?」★★★★★
  • 「飛ぶカメラ」★★★★★
  • 「悪人」★★★★★

このパート55はじつは劇場公開されたもの。それだけに作品制作に異様なほど力が入れられており、「銅像」(★★★★)「タイムラプス」(★★★★)「誰がいなくなった?」(★★★★★)「飛ぶカメラ」(★★★★★)「悪人」(★★★★★)と、収録作品のほぼすべてが「最恐映像42選」に入っている。また、実際にランクインしていない作品も、「42選」に入っていてもおかしくないクォリティーだ。

当ブログがこのシリーズの全巻をレビューすることに決めたのも、このパート55を観たことがきっかけであった。

また、このパートには、ある仕掛けが施されており、そこも見どころになる。ただ、そのぶんホンモノらしさも薄まってしまってはいるが。

最恐映像42選」にラインナップしていない作品について、簡単にレビューしていこう。

ロールシャッハ」(★★)は、大学の映画研究会に古くから伝わる謎の映像。不気味な雰囲気が漂う良作といえる。

監視カメラ 窓の外」(★)は、スタッフルームのあるビルの窓に不可解な現象が起こる。たいしたことのないシロモノだが、このパート55全体をひとつの映画と考えると、箸休めの役割を果たしている作品なのかもしれない。

悪戯電話」(★★★)は、いたずら電話に悩む投稿者が記録のために撮影したもの。あの世の住人とおぼしき〈女〉が現われるが、外見より〈音〉のほうが不気味だ。ただ、〈女〉は〈非霊生者〉の問題がある(具体的には演出補の川居さんにも見えるのだが)。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ95

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ91

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  4. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP