心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 闇動画

闇動画8

[監修:児玉和土/プロデューサー:佐々木良夫/音楽・音響効果:荒井佑/2013年12月6日リリース]

おつかれさま」は、観る者を怖がらせよう(楽しませよう)という気概は伝わってくるが、ほかの作品と比べると構成に詰めの甘さを感じてしまう。

爆光」は短編で、何が起こったのかわからないところがよい。

短編の「牢獄」はテレビの心霊映像、しかも30年くらい前のテイスト。

邪教」は、『闇動画』が得意とする廃虚探索モノ。新鮮味がないともばんじゃくともいえる。つまり、核となるネタや小道具が差しかわっているだけなのだが、本作はなかなかの恐怖を味わえる。

闇動画の最近記事

  1. 闇動画25

  2. 闇動画24

  3. 闇動画23

  4. 闇動画22

  5. 闇動画21

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP