心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 闇動画

闇動画2

[監修:児玉和土/プロデューサー:佐々木良夫/音楽・音響効果:荒井佑/2012年5月2日リリース]

デジャブ」のモチーフとなるのは、タイトルの「デジャヴ」だが、その部分は大したことはない。また、前半の展開は冗長な印象を受ける。本作は、終盤のとうの展開。これに尽きる。構成、カメラワーク、編集のリズム。どれも的確に観る者の恐怖心をかきたてる。この終盤の展開が前半の欠点を補っている。

温泉旅館」と「ある一家」は、箸休めの短編で、テレビの心霊映像番組レベル。可もなく不可もなくといった印象。

思い出の校舎」は、夜の、半ば廃虚と化した学校が舞台。怪現象の起こるシチュエーションとしてはありふれているが、『闇動画』の十八番おはことする設定でもある。怪現象に派手さはないものの、「もしかすると実際にあり得るかも」と思わせる“もっともらしさ”がある。ちょっとしたことだけれども、その場に居合わせたら背筋が凍る。そんな想像ができてしまう。幽霊よりも、人が生前に持っていた負の感情のほうが怖い。そこも本作のポイントになる。

闇動画の最近記事

  1. 闇動画25

  2. 闇動画24

  3. 闇動画23

  4. 闇動画22

  5. 闇動画21

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード15選
  2. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……
  3. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP