心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 闇動画

闇動画23

[監修:児玉和土/プロデューサー:佐々木良夫/音楽・音響効果:荒井佑/2019年10月2日リリース]

  • ビル ★★★★
  • 魔窟4 妹の行方 ★★★★
  • お面 ★★★★

『23』は、本シリーズならではのクォリティの高さと恐怖感を堪能できる。収録された作品はいずれも、核心となるネタは「これまでになかった画期的なもの」というわけではないのだが、話の運び、小道具、編集のリズムが絶妙で、存分に満足感に浸れる。

このパートの魅力についてこれ以上語る必要はなく「とにかく観てください」としか言いようがないが、いちおう各エピソードについてコメントしておこう。

ビル」は、カップルがラブホテル代わりにしているビルの空きフロアに侵入。盗撮を試みようとするも想像を絶する怪異に遭遇する。かなり特殊な舞台設定で「そんなヤツいるかよ」とツッコミたくなるが、その疑問や違和感はすぐに消し飛んでしまう。撮影者たちが生命の危機にさらされ、緊迫感・切迫感が観る者のココロにまで波及するからだ。前述のとおり、落としどころに新鮮味こそないものの、それによって恐怖感が削がれることはない。

魔窟4 妹の行方」は、例の廃墟でまたしても犠牲者が出る。現地で撮られた映像としては最後の1本となるらしい。「すでに見慣れた場所」「陽の光が建物のなかに差し込む昼間」など、恐怖を削ぐマイナス要素にあふれながら、そのハンデをものともせず、きっちり怖がらせてくれる。やはり核心部分に既視感があり*、異変の背景にも理屈っぽさが漂うが、その見せかた・語りかたが絶妙で、まったく退屈しない。

*ただし、この既視感には正当な理由があるように思われる。

お面」は、怪現象が起こるとされる旅館で“アイドル”が悲劇に見舞われる。これも何度なく繰り返されてきたシチュエーション。現象そのものより、“アイドル”とディレクターの関係性に焦点をずらしながらも、終盤でホラーな雰囲気たっぷりの小道具が登場。その後の展開は「まあそうなるよね」と予想がつけられるが、それも制作陣の計算のうち。うるさ型のホラーマニアも飽きさせない描写でしっかりと満足させてくれる。

闇動画の最近記事

  1. 闇動画25

  2. 闇動画24

  3. 闇動画23

  4. 闇動画22

  5. 闇動画21

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  2. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?
  3. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  4. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…
  5. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP