心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ59

[演出:菊池宣秀/構成:菊池宣秀・増本竜馬/ナレーション:中村義洋/2014年8月2日発売]

  • 「現場」★★
  • 「人形」★★★
  • 「大雪」★
  • 「邪心 後編」★★★
  • 「シリーズ監視カメラ 介護」★
  • 「海水浴」★
  • 「テープ」★★★
  • 「続・邪心 後編」★★★★★

長編「邪心」(★★★★★)が完結。それなりに緊迫感があり悪くない。映像も不気味で、「最恐映像42選」にもラインナップしている。演出補の増本氏がコミカルな立ちまわりをするのも、見どころ。ただ、展開はワンパターン化してきた観もある。

現場」(★★)は、たまたま通りがかったマンションで奇妙な体験をする。なにか不気味なモノが映っているのはたしかだが、いまいちカタチがわかりにくいので、恐怖が半減する。

人形」(★★★)は、娘が人形を抱える様子を撮影していると驚くべきことが起こる。人形の不気味さは評価したい。ただ、あらかじめ映像の内容が説明されるのが、恐怖を削いでいる気がする。

大雪」(★)は、大雪が降った日に街の様子をケータイで撮ったもの。本作もなにかが映っていることはわかるが、やはりカタチがわかりづらい。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「大雪」 – YouTube

シリーズ監視カメラ 介護」(★)は、寝室で寝ている男性のもとに奇妙な人物が近づいてくる。実際に人が歩いているようにしか見えず、あまり恐怖感がない。

海水浴」(★)は、観光客でにぎわう海水浴場の砂浜に不可解なモノが現われる。本作の異形もわかりづらく、ふつうに観ていたら気づかない。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「海水浴」 – YouTube

テープ」(★★★)は、廃屋の風呂場で怪異に遭遇する。小道具によって剣呑な雰囲気を醸し出しているのが良い。そこに現われるのは絵に描いたような幽霊という感じだが、造形は悪くない。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしました

  2. 劇場版 ほんとにあった!呪いのビデオ100

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ101

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ99

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ 特恐編

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  5. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP