心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ70

[演出:菊池宣秀/構成:菊池宣秀・今野恭成/ナレーション:中村義洋/2016年12月2日発売]

  • 「マリオネット」★★
  • 「染み」★
  • 「二段ベッド」★
  • 「Fake 前編」★
  • 「シリーズ監視カメラ ペットカメラ」★
  • 「寝顔」★
  • 「墓」★
  • 「Fake 後編」★★

夏の三部作(パート67〜69)の出来が良すぎたせいか、このパート70はややパワーダウンの嫌いがある。

メインとなる「Fake」(★★)は、過去にボツになった投稿映像が発端となる。不採用になった映像だからか、あまり出来はよろしくない。取材部分もどこかマンネリの観がある。物語が進むにつれ不気味さは高まるが、最後は『仄暗い水の底から』のような展開となる(ちなみに、映画『仄暗い水の底から』の脚本は本シリーズを立ち上げた中村義洋・鈴木謙一コンビによるもの)。

マリオネット」(★★)は、買ったばかりの操り人形で遊ぶ様子を撮影したもの。「人形になにか起こるのだろう」と思っていると意表を突かれる。ビックリ系だが悪くない。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「マリオネット」 – YouTube

染み」(★)は、とある廃屋で怪奇現象をとらえる。撮影のシチュエーションは良いが、いかんせん現れるモノの姿が薄いのが惜しい。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「染み」 – YouTube

二段ベッド」(★)は、投稿者の幼少時に撮られた映像。その場にいるはずのない人物が映っているという。映像は怖くはないが、ナレーションでさらっと語られるこの人物のエピソードがなんだか不気味だ。

シリーズ監視カメラ ペットカメラ」(★)は、深夜のペットの様子を映したもの。シチュエーションが良く、ペットのワンちゃんもうまく動いているのに、異形の造形がイマイチなのが惜しまれる。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「シリーズ監視カメラ ペットカメラ」 – YouTube

寝顔」(★)は、投稿者のスマートフォンの入っていたという映像。知らぬ間に自分の姿が撮影されていた。部屋の鏡に奇妙な人物が映っているが、サイズが小さく、インパクトに欠ける。映像が撮影された経緯があきらかになるが、これは不明なままのほうが不気味だったろう。

」(★)は、肝試しをしている最中に映された怪異。非常にわかりにくい。あらかじめ「そこに出る」とわかっていないと見逃してしまう。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしました

  2. 劇場版 ほんとにあった!呪いのビデオ100

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ101

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ99

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ 特恐編

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  4. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…
  5. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP