心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 呪われた心霊動画 XXX

呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)3

[プロデューサー:小田泰之/編集・構成・演出:Team XXX、向悠一(「影が行く」)/音楽・音響効果:ボン/編集・MAスタジオ:スタジオミック/製作:アムモ98/2016年12月2日リリース]

告白の相手

心霊ビデオでは、当然ながら“この世ならざるモノ”が映りこむ映像が紹介される。本作もその例にもれない。その異様な〈いでたち〉は、観る者に恐怖を与えるのもたしかだ。

しかし、それより恐ろしい現象が本作では発生している。

それは、投稿者の友人のふるまい、つまり“あの世のモノ”ではなく、生きた人間の挙動だ。

本来、“あちら側の人間”と“こちら側の人間”は異質の存在のはず。お互いに相いれない。だが、両者が同居してしまった。

つまり、単純に「恐ろしいモノが現われた」「それは怖いねえ」と高をくくってはいられない。

本作に現われる異形は、姿を見せるだけでなく、生きた人間の心に入りこむ力を持っていることになるからだ。

実話怪談本に載っていた話

本作の核心となる怪現象よりも、現場のまわりの状況に着目したい。

場所は居酒屋。怪現象が起こるような雰囲気ではない。たとえ起こったとしても喧騒にかき消されてしまい、怖さは半減するはず——と最初は思うのだが、実際に目の当たりにすると、まわりの能天気な明るさが“光”となって、怪異の“影”をより強めてしまう。

まわりの騒がしさに恐怖が半減するどころか、恐怖によって喧騒のほうがかき消されてしまうのだ。

「怖いから」と、部屋の灯をつけて本作を観る人もいるかもしれない。だが、それは意味がない。むしろ“闇”の深さを強調するだけの結果に終わる。

紙幣の番号

心霊ビデオとして紹介される怪現象の多くは、おしなべて突発的に日常に闖入ちんにゅうしてくる不条理だ。たいていは理由がわからない。そこに恐怖がある。

ところが、本作の投稿映像がとらえたのは、“因果関係”のわかる現象。つまり、「○○をしたから△△が起こった」と説明できる。「予想どおり」「案の定」といった修飾語がつけられる出来事なのだ。

ただ一方で、「なぜ○○をすると△△が起こるのか?」という根本的な理由まではつかめない。

そこにやはり不条理が存在しているわけだが、どんどん突きつめていくと、怪異の深遠に入りこんでしまう気がして、より恐怖も強くなっていく。

影が行く

複数のカメラによって心霊現象の真実が、またひとつあきらかになった。しかも本作のそれはとてつもなく問題が大きい。

心霊ビデオは、そこで起こったありのままの様子を映しているわけではない。本作はそんな真実を浮き彫りにする。撮影者が異なれば、その現象はまたちがった見えかたになるのだ。

となると、怪異はレンズの向こう側ではなくこちら側、すなわち撮影者自身に起こっている、と考えることもできる。

これは大問題だ。

これまで観てきた数々の心霊ビデオを、もういちど検証しなおす必要がある。

そもそもそんな時間はないが、検証作業によって別の恐怖が生まれのではないか。そんな予感めいたものに心は落ちつかない。

家族の食卓

いわゆる心霊ビデオに記録されるような怪現象は実際に「存在」しているのか? という大テーマがある。ただのかんちがいとか、そのように見えるだけで合理的な説明がつけられるケースもたくさんあるにちがいない。

では、本作の投稿映像で確認できる現象は「存在」しているのか? そもそも「存在」とはなにかという哲学的な問いが現われ、それに答えるのは一筋縄ではいかない。

たしかに、映像には記録されている。では、投稿者がその場にいなかったら、〈それ〉は起こっていたのか?

かりに起こっていなかったとする。となると、“あの世のモノたち”は投稿者になんらかの邪心を抱いており、投稿者に狙いを定めることであのような映像が撮れたことになる。そう考えると恐ろしい。

逆に、投稿者の行動とは無関係に現象は起こっていたとする。それはそれで、だれも顧みないアパートの一室で、人知れず淡々と怪現象が進行していたことになる。そう考えると、うすら寒いものを感じる。

死に際のアッコさん

本作の投稿映像は、それほど怖くない。少なくとも心霊ビデオの類いを永く観ている者には。

本作の肝は、そのような映像が撮られてしまった“理由”らしきものが語られる部分にある。怪現象になんらかの“理由”がつけられるところが興味深い。

しかし、“理由”がわかったからと安心していいのだろうか? 自分が恐怖から目をそらしたい一心で、自分を無理にでも納得させようとしてはいないか。

ほんとうの“理由”を追究することが放棄され、そこに深い“闇”が生まれてしまうのではないか。だれも気がつかないうちに。

呪われた心霊動画 XXXの最近記事

  1. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)16

  2. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)15

  3. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)14

  4. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)13

  5. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)12

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  2. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  5. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP