心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ48

[演出:岩澤宏樹/構成:岩澤宏樹/ナレーション:中村義洋/2012年7月6日発売]

  • 「雨女」★★★
  • 「シリーズ監視カメラ マンションロビー」★★
  • 「続・首の家 憑いてくる怨霊」★
  • 「ワカサギ釣り」★
  • 「歩道橋の怪」★★★
  • 「友達」★★
  • 「闇鍋」★★★
  • 「死返(まかるがえし) 中編」★

パート48の目玉は前巻より続く「死返(まかるがえし)」(★)となるが、心霊映像の恐怖度は前作よりも劣る。この物語がどのように着地するのか、思わせぶりで終わるのは評価できる。

雨女」(★★★)は、高速道路のサービスエリアで撮影した映像に奇妙な〈女〉が映りこむ。けっこう不気味な現象ではあるが、〈出現域制御〉の問題があると思う。その場で異形の存在に気づかないのも解せない。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「雨女」 – YouTube

シリーズ監視カメラ マンションロビー」(★★)は、マンションの住人の女性がポストから郵便物を取り出していると、奇妙な存在が現われる。異様な現象に興味を覚えるが、映像のトリックという感じも強い。実際その場に居合わせたら、どのように見えるのだろうか?

続・首の家 憑いてくる怨霊」(★)は、パート45「首の家」の続編。正編は「最恐映像42選」に選出したが、本作の恐怖度はそれに劣る。異形がピンポイントすぎる場所に現われるのが気になる。

ワカサギ釣り」(★)は、雪の積もる湖面に奇妙なモノが現われる。ずっとそこにいなかったのに、カメラが向いたときだけ出てくるのは、〈出現域制御〉の問題がある。

歩道橋の怪」(★★★)は、車で走行中に怪異に遭遇する。展開がやや理屈めいているが、そこで起こることはなかなか恐ろしい。細かいことだが、異形の姿が撮影者に見えていないのに、音は聞こえたのはなぜだろうか。

友達」(★★)は、バーベキューを楽しむ映像に別の不可解な映像が紛れこむ。なかなか不気味な現象である。後日談も語られるが、これはなかったほうがよかったかもしれない。

闇鍋」(★★★)は、闇鍋を楽しむ暗闇に不気味なモノが現われる。たしかに暗いなかにこんなモノがいたら、びっくりする。撮影者がひどく驚いているのも無理はない。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ95

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ91

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP