心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像27 結婚呪い コープスブライド

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2017年3月3日リリース]

  • 「地下施設」◆
  • 「川釣り」◆◆
  • 「差出人不明」◆◆◆
  • 「SNS」◆◆
  • 「結婚呪い コープスブライド」◆◆

​「怖さ」と「面白さ」のどちらを優先するか。じつに悩ましい問題だ。“心霊ビデオ”においてそれらは相反する要素だからだ。『封印映像』シリーズは、後者に重きを置くようになってきたようだ。すなわち、映像作品として面白いことがもっとも重要。結果的に観る者が怖がってくれるのが理想だけれど、そうでなくてもかまわない――。以前からそういうコンセプトだったのかもしれないが、当ブログはこの27作目で確信した。

そういう目で見ると、本作は視聴者をあの手この手で楽しませようという気概にあふれ、全体的に良い仕上がりになっていると思う。

レビューの判断基準が変わったため、上記の各エピソードに付した評価の指標も「★」から「◆」に変更した(『53』から再び「★」に戻している)。

地下施設」の投稿映像そのものは、まさにおどし。しかし、怪異の背景として語られる設定と、田中さんらスタッフによる取材シーンの楽しさが、このエピソードを魅力的なものにしている。

川釣り」は怖いというより、じつは心温まる話。「ほんとにあった怖い話」の鶴田法男監督が撮る“涙モノ”のような趣――と言えば、わかる人にはわかるかもしれない。細かいことだが、女性が驚くタイミングが少し早すぎた。あと1〜2秒のタメがあったら良かった気がする。そこが惜しい。

差出人不明」は、やや狙いすぎの観もあるが、なかなか作りこまれていて楽しめる。魚眼レンズで撮った画面も良い効果を上げている。「生活感のない家だな」という観る側のツッコミがしっかり伏線になっているのは見事。タイトルの意味も最後にストンとに落ちる。

SNS」も作りこみすぎているので、そのぶん恐怖心は和らいでしまう。しかし、最新のツールを利用した演出は、将来的に新しい怪異の出現を予感させる。

結婚呪い コープスブライド」は、設定や構成に飽きさせない工夫が施されている。田中さんの活躍ぶりも見どころ。冷静沈着を絵に描いたような田中さんが驚きの声を上げるなんて、尋常ではない事態だ。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  4. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…
  5. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP