心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 呪われた心霊動画 XXX

呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)9

[プロデューサー:小田泰之/編集・構成・演出:Team XXX 向悠一(「落下する友人 後日譚」一部演出)/スタッフ:佐々木勝己/音楽・音響効果:ボン/編集・MAスタジオ:スタジオミック/製作:アムモ98/2017年12月8日リリース]

ナイトハイカー

たしかに投稿映像には“この世ならざるモノ”の姿が映っている。だが、より恐ろしいのは、異形が深夜に徘徊しているという事実のほうだと思う。もしも投稿者たちがその場にいなかったら? カメラを回していなかったとしたら? その存在は誰にも知られることはなかった。

もしかすると、もともと霊的なモノは存在せず、投稿者たちが“観察”することによって、異形は実体化したのかもしれない。

そう考えると、また別の恐怖がわきあがってくる。

洗車

心霊の類いが映像に記録されるのはなぜか? 自分の存在を世に知らしめたいと思っているからではないか。前のパートのレビューでそう述べた。

そこまではかろうじて納得できるとしても、よりにもよってなぜ「洗車」のタイミングで現われたのか? 運転者は乗っていないし、もっと別の機会でもよさそうなのだが……。

理由は最後まであきらかにならないが、しかしなにかしらの理由はあるはずで、理由の向こうに広がる“闇”の存在に心がざわめく。

夕焼小焼

「死の瞬間が見られる」という噂を遊び半分で検証する。そもそも「死の瞬間」とはなんだろう? かぎりなく死に近い〈生〉なのか、生に近い〈死〉なのか。前者だとすれば、「死の瞬間」とはすなわち〈生〉なのでは? だとすれば、それほど怖がる必要はない——。

本作を観る前はそんなふうにこじつけて考えていたのだが、投稿映像に記録されたのは、意表を突いた恐怖をもたらす映像であった。

私たちが恐れるのは、〈死〉そのものではなく、〈死〉の理由ということなのかもしれない。

落下する友人 後日譚

怪異の様子を記録した映像を、まざまざと見せられているのに、なにが起こっているのかまったくわからないという理不尽。

「恨みを抱いた人物が復讐のために現われた」とか、現実にあり得るかどうかはともかく、ふつうはなんらかの理由はつけられるものだ。

ところが本作では理由めいたものの見当がつかない。「なにか恐ろしいことが起こっているらしい」という事実しかつかめない。

世の中にそんな理不尽が存在していいのか、と憤りすら抱いてしまう。

奇妙な仕事

相手はあきらかに異形なのに、あたかもふつうの人間であるかのように公園を歩き、投稿者に近づき、そして去っていく。

どこからかやってきて、またどこかへ向かっていくのだろうが、その場所が必ずしも“異界”と思えないところに恐ろしさがある。

なに食わぬ顔をして、私たちの住む街に溶け込んでいたりはしないだろうか……?

親戚夫婦

本シリーズでは、投稿者や関係者が行方不明になったり亡くなったりと、陰惨な結末を迎えるケースも多い。ただ、それらは後日談として語られるだけだ。

本作は、投稿者があの世のモノとおぼしき存在から直に“攻撃”を受ける様子が映し出される。しかも、悲劇は終わっていないらしいところにも恐怖を感じてしまう。

呪われた心霊動画 XXXの最近記事

  1. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)14

  2. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)13

  3. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)12

  4. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)11

  5. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)10

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……
  2. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  3. ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード15選
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP