心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像30 シャドーピープル 包帯少女

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2017年7月5日リリース]

  • 「さっちゃん」◆◆◆
  • 「ダム湖」◆◆◆
  • 「離苦悲唄」◆◆◆
  • 「シャドーピープル 包帯少女」◆◆

本作は、全体的に『封印映像』シリーズらしい、ほどよいハメのはずしかたをしていて、満足度が高い仕上がり。

さっちゃん」は、古い日本家屋を探索する話(実家なので「探索」は大げさか)。幽霊とか異形のモノが出てくるんだろう——と簡単に想像できる。そこにどんなモノを出すのかがスタッフの腕の見せどころ。

「画面の端に人影らしきものが映りました」などといった生半可な“心霊現象”でお茶を濁すはずもなく、観る者の期待に応えてくれた一本といえる。

ダム湖」も、じつは異形の造形が見どころ。ただ、スタッフが取材をして怪異の背景があきらかになるが、ここは謎のままにしたほうがよかったかもしれない。

離苦悲唄」は、いわくありげな唄がモチーフで、これには異形は登場しない。いわば先の2本とは味付けの異なる料理を味わう感覚で楽しめる。シリーズ初期の怖い路線が少し復活したようで、少し嬉しい。

前にも述べたように、『封印映像』は表題作が振るわないという法則があり、「シャドーピープル 包帯少女」はほかの3作にくらべるとややクォリティが落ちる気がする。心霊現象がしょぼいのは、霊能力者ジョンの活躍(?)を引き立てるためだとわかるが……もう少し工夫の余地があったようにも思う。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP