心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像40 怨送り

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2019年4月26日リリース]

  • 「トマソン」◆◆◆◆
  • 「撮り鉄」◆◆◆
  • 「ビニラー」◆◆◆◆
  • 「怨送り」◆◆◆◆

前巻に引きつづき、この『40』もシリーズの持ち味を活かした楽しい作品がそろっている。奇抜なアイディアが盛りこまれていたり、目をみはるような展開があったりするわけではないが、クォリティは安定しているといえるだろう。

トマソン」は、どこにも通じていない階段や意味のない扉など、特殊な建造物を表わす言葉をモチーフにした作品。団地のなかにある〈トマソン〉にまつわる怪異が展開する。本来〈トマソン〉は怪奇現象とは無関係だが、あえてそこにオカルト的なイメージを見出すことによって不気味さがにじみ出てくる。なかなか良いところに目をつけたものだ。実際、本作に登場する〈トマソン〉は剣呑な雰囲気が漂っている。展開にやや不可解な点も見受けられるが、続編が予定されているのだろうか。

撮り鉄」は、無人駅で電車を撮影していると奇妙なモノに遭遇する。「ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30」で〈梅〉レベルで紹介しているような“1点突破”の作品。本シリーズでは久しく味わっていなかったテイストだ。こういうのばかりではへきえきしてしまうが、たまに混ざってくるのであれば、よいアクセントとして楽しめる。

ビニラー」は、あちこちがビニールで覆われた不気味な部屋で起こった恐るべき出来事をとらえる。得体のしれない“人”の、得体のしれないふるまいが恐怖を高める。このキャラクター造形は大いに評価したい。撮影者が生命の危機にさらされるので、観ているほうも緊張を強いられてしまう。本シリーズらしいオチのつけかたも良い。

怨送り」は、高校時代の同級生たちに次々と不可解な不幸が訪れる。これまた久しぶりに霊能力者・ジョン氏が登場。話の展開や怪異の背景などは、じつはありふれたものなのだが、そこにジョン氏の活躍が加わることによって、新鮮なおかしみが醸し出される。除霊アイテムなどの“小技”も、本作のクォリティアップに一役買っている。

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  4. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP