心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 呪われた心霊動画 XXX

呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)6

[プロデューサー:小田泰之/編集・構成・演出:Team XXX 向悠一(『入口』『出口』)/音楽・音響効果:ボン/編集・MAスタジオ:スタジオミック/製作:アムモ98/2017年6月2日リリース]

心霊ビデオの類いには、「映像に映っているのは実際に起こったことなのか」それとも「映像そのものが異常をきたしているのか」という問題がある。幽霊のような存在が映りこんだとしても、撮影者が気づかないケースもある。撮影者の意識が向いていないせいもあるだろうが、実際にはその場で怪現象が起きていない場合もありそうだ。

さて、本作についてはどうだろう? 投稿者が驚いたりしているから、実際に起こった現象だとは思われるものの、映像に映るすべての現象がそうだとは言いきれない。

なんとも煮えきらない想いが、やがて心の不安をかきたてる。

都会の森

なにげなく撮った映像に奇妙な映像が挿入される。心霊ビデオとしてはよくあるパターン。当事者を除けば、それほど怖がるシロモノではない。

しかし、本作を「よくあるパターンだね」と簡単に切りすてられないのは、あの世のモノとおぼしき存在が、撮影者に“悪意”らしき情念を向けているように思えるからだ。

いや、もしかすると投稿者だけでなく、それを目にする私たちにも“悪意”をぶつけようとしているのかもしれない。

つまり、奇妙な映像は、なんらかの偶発的な理由で紛れこんだのではない。何者かの邪悪な意図によるものだったことになる。

アケチ野ハウス

廃墟を探索する映像という時点ですでに剣呑な雰囲気が漂う。まして“あかずの間”とおぼしき部屋に入ろうするのだから、怖さもひとしおだ。

たしかに“あかずの間”で奇妙な現象が起こる。だが、それ自体はそれほど怖くはない。合理的な説明はつけられないが、恐怖を呼びおこすほどではない。

それよりも、映像ではとらえられていない顛末のほうが重大だ。これによって、“あかずの間”や舞台となった廃墟に、恐ろしい意味が後付けされてしまう。

留守電の内容

本作に出現する異形は見た目こそおぞましくインパクトがあるが、それだけならどうってことはない。しょせんは虚仮威し。それは投稿者も同様だろう。

ほんとうに恐ろしいのは、そのあとに起こる出来事のほうだ。異形と関係があるのかないのか。どちらであっても、投稿者の友人は人生が歪み、映像を観ている私たちの背筋には冷たいものが走る。

歪む部屋の住人

本作の映像にも、なにやら得体のしれない現象が記録されている。なんら合理的な解釈はできそうもないところに、いくばくかの恐怖をおぼえる。

しかしながら、本作の肝はもっと別のところにある。それは投稿者の実家の人々。本人の口からさらりと語られる事実が、なんともいえない異様さにあふれている。投稿映像は実家が抱える“闇”の一部でしかない。

耳にしてはならぬことを聞いてしまった。そんな後悔の念がわきあがる。

心霊ビデオに現われる異形はなんとなく“私たちが死んだあとに行くはずの場所”からやってきているイメージがある。つまり、異形といえども、生きているときはふつうの人間で、死後になんらかの理由があり、恐ろしい姿となってこの世に現われている。なんの根拠もないけれど、そんなふうに想像していた。

本作の投稿映像を観ると、そんな想像はまったくの的外れだったことがわかる。もちろん、本作の現象にかぎった話で、ほかの投稿映像については想像どおりなのかもしれない。

けれども、想像どおりであろうと的外れであろうと、人知を超える現象を目の当たりにすれば、私たちは恐怖するしかない。

呪われた心霊動画 XXXの最近記事

  1. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)16

  2. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)15

  3. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)14

  4. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)13

  5. 呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)12

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  2. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  3. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP