心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. 封印映像

封印映像44 寄生虫

[監修:鬼塚リュウジン/音楽・音響効果:荒井佑/2019年12月4日リリース]

  • 「道連れの場所」◆◆◆
  • 「心霊スポット案内人2」◆◆◆
  • 「二口女」◆◆◆◆
  • 「寄生虫」◆◆◆◆

このパートは『38』と同様に、若手スタッフの玉置氏・山口氏が案件をさばいていく番外編(?)。あくまでこの2人のふるまいにスポットを当てるのがメインで、現象のほうはサブとしておざなり——と予想していたのだが、意外にも(といっては失礼ながら)サブであるはずの怪現象もしっかりつくりこまれている

道連れの場所」は、学校の屋上で起こった奇妙な出来事を撮影したもの。話がどう転がっていくのか予想がつかず、まったく明後日あさっての方向からモチーフを持ってきている。インパクトに欠けるのが難点だが、玉置氏・山口氏のグダグダっぷりを加味すれば、なかなか楽しめる一編といえる。

心霊スポット案内人2」は、あろうことか『38』収録のエピソードの続編。投稿映像では、なにが起こっているのか理解できず、ナレーションで背景が語られても理屈に合わず、そこがかえって不気味さを醸し出している。玉置氏たちのやりとりも見どころにはなるが、前回ほどの滑稽さがないのは惜しい。

二口女」は、不審な女がゴミをあさっている映像に、とんでもない異形の姿が映る。この異形の造形をまずは評価したい。やはり玉置氏たちが現場に出張る展開となるが、本シリーズの持ち味を活かすなら、もう少し意外性があってもよかったように思う。

寄生虫」は、山口氏の友人が不可解な現象に悩まされる。タイトルからして剣呑な雰囲気が漂うし表題作でもある。期待半分、不安半分といったところだが、悪くない出来栄えだ。玉置氏たちが騒動の渦中に放り込まれるため臨場感がある。本作にも異形が登場するが、こちらも造形にこだわりを見せている。ただ、もっとえげつない展開になってもおもしろかった気がする(ふたりのうち、どちらかが異形に噛まれるとか)

封印映像の最近記事

  1. 封印映像56 うつろ舟

  2. 封印映像55 かみよもじ

  3. 封印映像54 オトドケモノ

  4. 封印映像53 三つ編みの女

  5. 封印映像52 心霊処理場

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  4. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?
  5. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP