心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ Special 5

「疾走!」©2004 NSW/パル企画

[演出:坂本一雪/構成:坂本一雪・勝屋敷隆志/ナレーション:中村義洋/2004年7月2日発売]

  • 「寂れた公園」★
  • 「呪いのビデオ12より」★
  • 「シリーズ監視カメラ No.1 人体欠損」★
  • 「疾走!」★★★★
  • 「淫霊」★
  • 「シリーズ監視カメラ No.2 ATM」★
  • 「2003090909」★
  • 「サービスエリア」★
  • 「井戸」★★★★
  • 「携帯電話・デジタルカメラ」★
  • 「シリーズ監視カメラ No.3 夜間の道路」★
  • 「日本人形」★★
  • 「その後」★

このパートのはくは「疾走!」(★★★★)と「井戸」(★★★★)。まさに「Special」の名にふさわしい傑作で、当然「最恐映像42選」にも選出している。とくに、ほかがしょぼいだけに、この2作の出来栄えが際立つ。

寂れた公園」(★)は、実家の近くにある寂れた公園を映像におさめたもの。公園の雰囲気が良い。異界のモノも現われるが、かなり地味。ホンモノの霊はこういうものかもしれないと思えば、情緒があるといえる。

呪いのビデオ12より」(★)は、パート12「謎の廃墟」の舞台となった廃墟の映像が別の投稿者から寄せられる。異形が映っているとのことだが、光の加減でそう見えるだけのような気がする。スタッフが現地におもむいた際、廃墟の様子を長々と映しつづけるが、不気味な雰囲気が漂っているのが良い。

監視カメラ No.1 人体欠損」(★)は、街中に設置された監視カメラがとらえたもの。地味ながらそれなりにインパクトのあるモノが現われるが、いかんせん古臭い手法だと思う。

淫霊」(★)は、投稿者の知人の女性にいたずらする〈霊〉がテーマ。奇怪な現象の根拠は女性の証言しかなく、いまいち盛りあがりに欠ける。取材部分で面白がせる狙いなのだろう。

監視カメラ No.2 ATM」(★)は、ATMの防犯カメラがとらえた怪異……というのだが、なにが映っているのかまったくわからない。

2003090909」(★)は、『Special 3』の「中古ビデオ」を観た視聴者に異変が起こるというもの。この「中古ビデオ」の映像が怖いだけで、本作のエピソードは特筆すべきことがない。

サービスエリア」(★)は、サービスエリアで起こった怪異をとらえる。問題のモノがどこに映っているかまったくわからない。ノイズのなかに現われるらしいが、だとすると〈それ〉もノイズなのでは?

携帯電話・デジタルカメラ」(★)では3作が紹介されるが、初見ではまったくわからず、いずれも光の加減のようにしか見えない。

シリーズ監視カメラ No.3 夜間の道路」(★)は、それらしいモノは映っているが、いかんせん粗い映像なので、ノイズかなにかのようにも思える。

日本人形」(★)は、町工場の倉庫から見つかった8ミリフィルムの映像。古い日本人形が映っている。ただ不気味なだけという気もするが、映像に漂う雰囲気は悪くない。

その後」(★)は、蛇足のような作品。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしました

  2. 劇場版 ほんとにあった!呪いのビデオ100

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ101

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ99

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ 特恐編

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  2. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…
  3. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  5. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP