心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ60

[演出:菊池宣秀/構成:菊池宣秀/ナレーション:中村義洋/2014年12月3日発売]

  • 「もう半分」★★★
  • 「墓所」★★★
  • 「蛭子 前編」★★
  • 「空手大会」★
  • 「シリーズ監視カメラ 駐車場」★★★
  • 「風の便り」★★
  • 「ついてくる」★★
  • 「蛭子 後編」★★

このパート60のメインは取材モノの「蛭子」(★★)。次巻に続く長編と思いきや、この巻で完結する。投稿映像はたいしたことないが、怪談としてはなかなかおぞましい話といえる。心霊現象とは無関係に、せまい場所に潜入していく場面があり、観る者も息苦しくなってくる。やや設定に凝りすぎの観もあり、それが興を削いでいる。

もう半分」(★★★)は、心霊スポットの橋で〈霊〉に遭遇する。長時間にわたり〈霊〉が映りつづけているのが珍しい。静止画ではなくきちんと動いているのも評価に値する。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「もう半分」

墓所」(★★★)は、墓地に肝試しに行った際に撮られた映像。ビックリ系の作品だが、出来は悪くない。

空手大会」(★)は、ロビーで談笑する男たちを映していると、奇妙なモノが現われる。過去にも似たような現象を見た気がする(パート16「ライブハウス」)。

シリーズ監視カメラ 駐車場」(★★★)は、肝試しから帰ってきたカップルが車に乗りこむと、不可思議な怪異に遭遇する。ありがちな映像に見せかけて、意表を突いた展開。なかなかの良作。

風の便り」(★★)は、自宅で昔話に興じている様子を撮っていると、あの世のモノとおぼしき人物が映りこむ。異形の現われかたはありふれているが、設定がよくできている。

ついてくる」(★★)は、心霊スポットのトンネルで撮影された映像。異様なモノが現われるが、実在感があり悪くない。やや撮影時の状況に不自然さを感じるが。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ95

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ91

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  2. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  3. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  4. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP