心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ96

[演出:藤本 裕貴/製作:張江肇、鈴木ワタル/プロデューサー:張江充、岩村修/演出補:男鹿悠太、久木香里奈/構成:藤本裕貴、田中翔/音楽・音響効果:ボン/ナレーション:中村義洋/2022年6月8日発売]

  • 「墓参り代行サービス」★★
  • 「誰?」★★★
  • 「ナガレモノ-前編-」★★★★
  • 「徘徊」★★★
  • 「シリーズ監視カメラ 万引き」★★
  • 「お迎え」★★★
  • 「ナガレモノ-後編-」★★★★

『96』から夏の三部作「ナガレモノ」(★★★★)がスタート。不気味で禍々しいアイテムを発見するところから物語が始まり、興味を引かれる滑り出しとなっている。怪現象そのものに目新しさはないが、話の運びはスムーズで、情報の出しかたも的確だ。なかなか見ごたえのある仕上がりになっている。

墓参り代行サービス」(★★)は、撮影された場所が墓地で、異形の現われかたも類型的。まさに絵に描いたような心霊映像といえる。もしかすると、生きているふつうの人間がひょっこり顔を出した、と解釈できないか? と一瞬考えたが、そうすると位置が不自然で、やはりこの世のモノではないという結論になる。その妙な“納得感”が本作の魅力といえるかもしれない。

誰?」(★★★)は、心霊スポットで撮影されており、何度となく目にしてるようなシチュエーション。しかし、肝となる怪現象は意外に珍しいかもしれない。恐怖というより不可解さ、居心地の悪さをおぼえる点が新しい。

徘徊」(★★★)は、地下歩道という舞台が観る者の心をざわめかせる。映像を見ているぶんには、怪現象にそれほど恐怖をおぼえないが、実際に自分が投稿者の立場だったら……と想像すると、なんとも嫌な気分にさせれてしまう。ナレーションで語られるを加味すると、忌々しさが募っていく。

シリーズ監視カメラ 万引き」(★★)は、地味な現象でシリーズの初期の味わい。その意味で“ボツ”にしてもよさそう——と思ったのだが、怪異の“始まり”と“終わり”がしっかりと記録されており、じつはかなり貴重な映像である。そんな考えかたもできる。

お迎え」(★★★)の核心となる現象は、特筆すべきものではないことはたしかだ。しかし、シチュエーションからそこはかとなく哀しみが漂う。タイトルやナレーションで語られる背景がやや説明過多の観もあるが、独特の味わいを持った一作であることも事実だ。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしました

  2. 劇場版 ほんとにあった!呪いのビデオ100

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ101

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ99

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ 特恐編

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  5. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』の製作者・張江肇さんにインタビューしま…

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP