心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ64

[演出:菊池宣秀/構成:菊池宣秀・森澤透秀/ナレーション:中村義洋/2015年8月5日発売]

  • 「怨霊」★★
  • 「トイレ」★★
  • 「スケープゴート 後編」★
  • 「赤い傘」★★
  • 「シリーズ監視カメラ 覗き穴」★★
  • 「続・スケープゴート 後編」★★★★
  • 「寺院」★★
  • 「人身事故」★★
  • 「終・スケープゴート 後編」★★

長編三部作「スケープゴート」(★★★★)が完結。終盤では、本シリーズとしては異例のドラマチックな展開が楽しめる。ホンモノらしさは薄れてしまっているが、ホラーの表現としては評価したい。

ラストにはおなじみの警告つきの心霊映像が紹介される。本シリーズの警告つき映像は恐怖度が高く良作も多いが、本作はなぜか奮わない出来栄え。

怨霊」(★★)は、とある廃墟で起こった奇妙な出来事。映像はそれほど怖くないのだが、見間違いや錯覚の類ではないだけに、実際その場に居合わせたらものすごい恐怖だ。

トイレ」(★★)は、心霊スポットのトイレで〈霊〉をとらえようとしたもの。いくつかの怪異が記録され、それなりに驚かされる。設定も悪くない。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「トイレ」 – YouTube

赤い傘」(★★)は、踏切で起こった奇妙な現象をとらえる。興味深い映像になっているが、〈出現域制御〉の問題は否めない。

シリーズ監視カメラ 覗き穴」(★★)は、マンションの玄関の覗き穴に設置されたカメラの映像。ふつうは訪問者ぐらいしか覗き穴の前には立たないはずだから、どんなモノが現われても不気味な気がするが、案の定の展開となる。

寺院」(★★)は、心霊スポットの公園に現われた不可解な存在をとらえる。異形のモノの造形は悪くないが、某有名なホラー映画の幽霊にしか見えない。

人身事故」(★★)は、電車で人身事故が起こった直後に撮られた映像。不可解な人物が映りこんでいる。やや理屈めいているのが気になるものの、王道のつくりに好感が持てる。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ91

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ90

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……
  2. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  3. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  4. ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード15選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP