心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ44

[演出:岩澤宏樹/構成:岩澤宏樹/ナレーション:中村義洋/2011年8月5日発売]

  • 「閃光」★
  • 「シリーズ監視カメラ 自動追尾型カメラ」★★
  • 「スカイツリー」★★
  • 「峠の怪」★★
  • 「富士登山」★
  • 「ピアノ」★
  • 「屋上遊園地」★
  • 「追跡録 後編」★★
  • 「続追跡録 後編」★★

このパート44で「追跡録」(★★)が完結。なんとも煮えきらない結末ではあるが、本格ドキュメンタリーであれば、良い匙加減なのかもしれない。それなりに不気味さを醸し出している点を評価したい。

ほかの作品も、ややパワーダウンしている気がする。アイディアは良いのだが、それが恐怖につながっていないのが惜しい。

閃光」(★)は、入院している友人のお見舞いに訪れた際に撮られたもの。奇妙な現象が起こるが、機器の故障だと解釈する余地がある。かりに心霊現象だとして、なにを意味しているのかは不明。また、〈刹那像〉の問題も。

シリーズ監視カメラ 自動追尾型カメラ」(★★)は、とある会社に設置された監視カメラの映像。人物を追尾する機能がある。カメラが人ではないなにかを探知して動きだすが、具体的になにをとらえたのだろう? それがわかれば〈霊〉という存在の正体がつかめそうだが。

スカイツリー」(★★)は、建設途中のスカイツリーを見にいった際に撮られたもの。異変が起こるのが意外な場所で、なぜこんなところに? という疑問が残る。

峠の怪」(★★)は、ドライブの途中で怪異に遭遇する。珍しい異形が現われるが、なぜカメラをそちらに向けたのかは気になる。

富士登山」(★)は、富士山で登山をしているとき、奇妙な現象がとらえられる。「ブロッケン現象」にも見えるのだが。

ピアノ」(★)は、娘がピアノの練習をしている様子を撮ったもの。奇妙な〈手〉が映りこむが、かなりわかりづらい。

屋上遊園地」(★)は、デパートの屋上の遊園地をケータイで撮影したもの。〈霊〉とおぼしきモノが出現するが、シリーズ初期のように地味である。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ91

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ90

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選
  2. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……
  3. ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード15選
  4. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP