心霊・恐怖・衝撃・戦慄の映像を分析

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ

ほんとにあった!呪いのビデオ21

「鏡の中」©2006 NSW/パル企画

[演出:福田陽平/構成:福田陽平/ナレーション:中村義洋/2006年8月4日発売]

  • 「駅のホーム」★★
  • 「ヘリコプター」★
  • 「余命」★★★
  • 「誘拐」★★
  • 「消費者金融」★
  • 「オーディション」★
  • 「鏡の中」★★★★
  • 「文化祭の噂」★★
  • 「続・誘拐」★★

パート21は、インパクトのある映像というより、じわじわと恐怖が忍びよるような作品が多い印象。例外は「鏡の中」(★★★★)で「最恐映像42選」の一作に加えている。

駅のホーム」(★★)は、投稿者が飲み会の帰りに撮った映像。駅のホームと電車の間に奇妙なモノが映る。ここまではっきりとしているのは珍しい。合成した感じも受けない。なかなかクオリティーの高い一作。

ヘリコプター」(★)は、観光でヘリコプターに乗ったときの映像。こちらは打って変わって合成っぽい仕上がり。カメラのブレと無関係に動く(異形像微動)のは不自然だろう。

余命」(★★★)は、入院している友人を見舞った際の映像。けっこう不気味で悪くないが、冷静に観ると、画面との調和に違和感があり合成の疑いは拭えない。ただ、怪奇現象とは別に、物悲しいエピソードで、本作はそこを見るべきかも。

 ほんとにあった!呪いのビデオ「余命」 – YouTube

誘拐」(★★)は、娘の誕生日会の様子をおさめたビデオ。これも不気味な映像といえる。やはり本題は投稿映像より、それにまつわるお話のほうだろう。

続・誘拐」(★★)のほうは、話が作りこまれ、ダメ押しの映像もあったりしてなかなかの力作。のちの取材モノのプロトタイプといえる。一方で、よくできすぎているぶん、嘘っぽさも漂ってしまっているので、匙加減が非常に難しいタイプの作品でもある。

消費者金融」(★)は、金融業者の取り立てに悩まされる投稿者が記録した映像。リプレイでも奇妙な〈声〉は聞こえなかった。ただのノイズでは?

オーディション」(★)は、映画のオーディションの様子を撮ったものだが、心霊現象に見えない。投稿者はなぜこれを異様だと思ったのか。ただ、この場所でたびたび心霊現象が起こっているそうなので、それはそれで検証する必要はありそうだ。

文化祭の噂」(★★)は、とある高校で「絶対見てはいけない」と言われているビデオ。映像にはたしかに不可解なモノが映っているし、はっきりもしているのだが、ナレーションの説明とは少し異なるように思う。でも、なにかはわからないので、そこに不気味さがある。

ほんとにあった!呪いのビデオの最近記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ95

  2. ほんとにあった!呪いのビデオ94

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ93

  4. ほんとにあった!呪いのビデオ92

  5. ほんとにあった!呪いのビデオ91

関連レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のレビュー

おすすめ作品

  1. 〈心霊マスターテープ〉はいつものメンバーが騒ぐだけ……ではない
  2. ホラー好きがしっかり選ぶ! 『封印映像』のおすすめエピソード30
  3. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない
  4. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP